石崎家具株式会社
MENU
MENU
2018/02/12

「日本の伝統・節句」

石崎家具社長のブログ
3代目社長 石崎雄世
74
今週末の連休も寒い日が続いています。砺波は雪も降っていますが、風が強いです。吹雪くと前が見えなくなるくらいですので、車の運転や歩きでの移動には十分に気をつけないといけません。 さて、砺波店では、早くも五月人形の準備が進められています。お正月に天神様を飾る風習は北陸独特の風習とのことですが、端午の節句に五月人形を飾る風習は全国的です。若武者人形、鎧飾り、兜飾りなど種類は様々ありますが、想いは同じ、男の子の健やかな成長です。ひな人形も同じですが、そのように子供の成長への願いを形にして家に飾ってお祝いするのは、日本独特の風習ですね。端午の節句が奈良時代、鎧や兜を飾るようになったのは武家社会からと言われていますので、歴史は古いです。今では鎧や兜などは本物ではないので象徴的な意味合いが強いですが、大切なのはご先祖様からの縁を親から子へ繋いでいく事だと思います。 黒色を基調とした鎧飾り。胴が四角く、兜から伸びる2本の鍬形が長いのは、鎌倉時代の鎧を模しています。 五月人形飾りも今の時代や住宅事情を反映して、変わってきております。鎧飾りはコンパクトになってきており、日本らしさがあり、インテリアとしてもとても良いと思います。現代の住まいやライフスタイルに合わせながら、日本の美しい伝統を継承していきたいですね。 3月になればすぐに五月人形展が始まります。 また今週末、入善町で弊社がインテリアコーディネートした新築内見会が開催されておりますので、ご紹介させていただきます。 リビングルーム。奥に和室があります。 和室。広めの床の間が空間を広く見せています。 リビングからダイニングを見た感じです。今回、北の住まい設計社のソファとダイニングでコーディネートしました。  
人気の記事
2018/03/03
「3月ひな祭り」
2018/05/06
「くるみの森開所式」
2017/03/23
ブログ開始
2018/02/12
「日本の伝統・節句」
2018/02/08
「いよいよ平昌オリンピック」
最近の投稿
2018/10/20
「KUSUNOKI展開催中」
2018/09/28
「アートギャッベ展が始まります」
2018/09/23
「楠展に向けて」
2018/09/15
「革製品の魅力」
2018/09/01
「越中八尾おわら風の盆」

Instagram

Please Follow us !